読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kyuuuuuuuuuuriのブログ

うぇぶエンジニアになりたくてなりたくて震えるもろきゅうの日記です

キリンを読んだ感想

小説

久しぶりに日記書きます。
一年に数回しか本を読まないのですが、最近読んだ本の内容が思い出せないことがありました。
多分その本の内容が少し難しかったからだと思うんですが、せっかく読んだのにもったいないなぁと思って、本を読んだら感想を書くことにしました。
長らく文章を書いていないのでちょっと自信ないのですが、がんばって感想を書きます。(ネタバレあるかも)

今回読んだ本は山田悠介さんのキリンです。

山田悠介さんの本はリアル鬼ごっこを最初に、好きになった作家さんです。
独特の世界観を持っていて、どの本も一度読んだら時間を忘れて最後まで読み続けてしまう本ばかりです。
そして決まって最後にどんでん返しがあるので、ドキドキしながら読み進められます。
キリンは、本屋さんに立ち寄って最初に目についた山田悠介さんの本だったので、内容を読まずに即買いしました。笑

【要約】
主人公のキリンは、父親を知らずに生まれてきた子供で、同じく父親を知らずに生まれてきた兄(秀才)がいます。
二人とも、あることを理由に母親に天才として育つよう期待されて生まれてきた子供なのですが、キリンだけ途中で勉強ができなくなってしまい、母親と兄に見放されてしまいます。
そこで、天才養育学校という、天才として育つように作られた施設に入れられるのですが、キリンはその施設で自分と同じ境遇の仲間や後輩に出会い、厳しい教育環境下に置かれます。養育学校の校長先生である熊野と、自身が天才として成功することを条件に、母親と兄と暮らせることを約束し、いつか来るその日を夢見て一心不乱に才能を磨きながら育ちます。

【感想】
読んでいてつらくなる本でした。本の世界の母親たちは、子供が天才であることが自分のステータスのように思い、天才を養育するには父親はいらないと考えています。そう扱われている子供のうちにいるキリンとその兄秀才だけど、秀才は天才として育ち、周囲に注目され、自分が勉強ができることを自負していました。一方キリンの方は秀才とは違い、勉強が非凡のほどできるわけではなかったのですが(それでも普通の子よりはできたのだけど)、ずっと母親と兄を慕っていました。母親に捨てられ、兄に見放されながらも再び3人で幸せに暮したいと願う姿は、わたしにとってとても尊敬できるものでした。また、キリンは、母親や兄だけではなく、周囲の友達にも思いやりの心を持ちながら接していました。
なにかで成功するとか、他人と違う才能を持つとか、それ以前に家族というものを好きになり、人を愛することができる人間になりたいとキリンを読みながら思いました。多分本当の幸せは、そこにあるんだと思います。

キリン (角川文庫)

キリン (角川文庫)

最近おもうこと

ブログの更新が滞っております。

もともと、このブログは、開発中に得られた経験で、
書き残しておきたいことや、同じ問題にぶちあたっている他の技術者が何か答えを掴んでくれたらいいなぁと思ったことを書いていたんですが

さいきんは、
新しい技術に出会っても、新鮮感がなくなってきて、
躓いても、解決した時に、ああ、なんだ、こういうことか。なんでもなかったな。
で終わってしまって、ブログのネタとしては不十分な気がするし、
初心者でもググればわかってしまうことだろうと思ってしまって
ブログを書く気持ちにならないです。

たぶん自分がそういう環境甘んじてしまっているんだと思うので、
技術に対して向き合い方を考えなければと思っております。

もっと時間をかけて勉強しなければわからないような部分に手を出すべきなんじゃないかと思うのと同時に、
web技術は何かを実現したいという部分はどれもほぼ同じなんだから、何かバリューを出せるものを作ってもいい

のどっちに進むか悩んでおります。

jquery mobile でアンカーリンクが動かないのでJSで遷移させる

jquery javascript jqm
$(window).load(function () {
	if(location.href.split("#").length == 2){
		var anchor = location.href.split("#").pop();
	} else {
		return false;;
	}

	if($("#"+anchor)[0]){
		var p =  $("#"+anchor).offset().top;
		$("html,body").animate({scrollTop:p}, 600);
	}
});

ポイント
・$(window).load(function(){} ページが完全に読み込まれてから位置を取得しないと正確に位置を取得できない

シェルの実行権限がSVNにコミットされない!

ローカル環境で

chmod +x hoge.sh

シェルとかに実行権限与えて
そのままSVNにコミットしても、実行権限は付与されないんですよね。

SVN UPDATEするたびに実行権限がなくなってしまってめんどくさいので調べた
以下のコマンドでいける

svn propset svn:executable ON [filepath]

あと権限の剥奪もできる。

svn propdel svn:executable hoge


ついでにgitも調べた

git update-index --add --chmod=+x file-name.sh

gitの方がなにしてるかわかりやすい感ある

mysqlでcsv,tsv出力したいとき

mysql

mysqlのselect内容をCSV,TSV出力したいときのコマンドをよく忘れるので記載しておく。


CSV

SELECT a,b,a+b INTO OUTFILE '/tmp/result.txt'
  FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
  LINES TERMINATED BY '\n'
  FROM test_table;

TSV

SELECT a,b,a+b INTO OUTFILE '/tmp/result.txt'
  FIELDS TERMINATED BY '\t' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
  LINES TERMINATED BY '\n'
  FROM test_table;

SELECT構文は普通のSELECT構文と同じ
INTO OUTFILEがセレクトした結果を外部ファイルに保存するという命令
FIELDS TERMINATED BY ',' が、行を何で区切るかという命令
LINES TERMINATED BY '\n' は列を何で区切るかという命令(基本は改行文字コード

リライトでURLのパラメータを扱うとき

apache

パラメータつきのURLをapacheでリライトして、
新しいURLに取得したパラメータを埋め込んでリダイレクトさせる処理をします。

RewriteRule ^/hoge/piyo?name=([^/]+) http://[hostname]/new/hoge/piyo/$1 [R=301,L]

これで行けると思ったけどだめだった
RewriteRuleは、クエリ文字列(URLパラメタ)無しのURIしか見ない。
みたいです。

どうやったら取得できるのか

RewriteCond
を使ってパラメータを取得します。

こう

RewriteEngine On
RewriteCond %{QUERY_STRING} id=([^/]+)$
RewriteRule ^/hoge/piyo$ http://[hostname]/new/hoge/piyo=%1 [R=301,L]


できたー(∩´∀`)∩

後で調べておくもの

java

なんか気になったからあとでちゃんと調べる

ActiveX-Flashなどの実行を許可するコントロール?(うそかも)
JavaApplet-Webページに埋め込んで実行させることが可能になる小さなプログラム
署名付きアプレット-ローカルのファイルにアクセスするために署名を利用するやつ